コンテンツ

逆流から起きる水漏れ対策

水を使っていて逆流が発生することがあります。気づいたら逆流が起きてしまっていた場合など、どうして問題が発生してしまっているかさまざまな原因があります。逆流を放置していると排水管 水漏れにもつながることがあります。問題が起きたときの対処方法がいくつかあるので紹介します。

■逆流が起きる原因

お家で逆流が起きてしまう可能性が高いところは、トイレです。多くの方が、利用しているため、紙を使いすぎたりすることで、つまりを起こして逆流することがあります。排水を流す排水口は、お風呂にも繋がっています。つまっているか確認することで、依頼しなくても対応できるかもしれません。
また、台風などの大雨によって、マンホールの内に水が溜まり、水だけではなく土砂や異物も流れ込んできます。それが原因で、今まで正常に流れていた水がつまってしまい、トイレを使ったあと排水をしても、異物によって水が押し返されるため、逆流が起きます。

■逆流の対処方法

自然災害などで逆流が起きたときは、水道修理業者に依頼する必要があります。しかしながら、トイレで大量の紙を流したことなどが水漏れの要因になっているときは、自分で対処することが可能です。簡単に対処することができる道具が年々増えていて、トイレに流して放置しておくことで、臭いや汚れを落としてくれるものなどがあり、対処がしやすくなっています。

■まとめ
雨などで逆流が起こったときは、早く水道修理業者に依頼することをおすすめします。紙などで排水管を詰まらせた場合などは自分で対応できる場合もあります。ラバーカップなどの道具を準備しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ