コンテンツ

水漏れを防ぐために使われるパッキンの必要性

パッキンとは、基本配管など接続する部分に取り付けられているもので、ゴム性で作られています。水漏れが起きる原因は、パッキンが劣化したことによる場合が多くあります。大切な役割がある部品のため、使われている種類や交換時期について知っている必要があります。

■水道で使われているパッキンの種類

パッキンは、水回りで多く使われていて、お風呂のシャワーや蛇口の下にある部品にちょうどはまるように作られたものなどがあります。部品に合わせて使うため、用途に合った形やサイズのものがあります。家庭用で使われている一般的なものがありますが、確実に交換するためには調べて確認することが大切です。取り替えるときなど知っておくことで、水道 修理がしやすくなります。

■パッキンの交換時期

飲み物を入れる水筒などは、水漏れしないために蓋にゴム性のものを使い密封しています。パッキンも同じ役割を持っていて、水漏れを防ぐための部品として使われています。しかしながら、部品の中で動きがある部分に取り付けられる場合が多いため、磨耗が激しく劣化しやすいものです。約10年がパッキンが耐えられる年数で、使い方によって寿命が短くなる可能性があります。
水漏れが起きたときに、パッキンに問題がないか確認し、破損していたら交換しましょう。また、中には交換しても解決しない場合もあるので、原因が分からないときには水道 評判の良い専門業者の方に診断してもらうことをおすすめします。

■まとめ
水漏れの原因の一つに、パッキンの劣化が挙げられます。パッキンを交換するためには、同じ形状とサイズのものを用意したり、問題がないかしっかりと調べて準備することが必要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ