コンテンツ

パイプから出た水漏れの対処方法

使い続けても大丈夫な目安になる耐用年数があります。使っている年数を認知していることで、いつ頃水漏れが発生するか把握しやすくなります。パイプから水漏れをしているか自分で見て判断できる見分け方を紹介します。

■パイプ利用の目安

パイプなどの水道で使われている金具が耐えられる期間が約7年から10年です。パイプは、生活で水を使う上で、必要不可欠なものです。水は料理やお風呂など多くの場所で使用されておりパイプで各所とつながっています。そのため、水漏れが起きないように作られていますが、時が経つほど劣化してしまいます。10年を超えても問題が起きないこともありますが、急にトラブルが起こる恐れもあるため、いざという時に水漏れの対処ができるように、情報を集めておきましょう。

■水漏れの見分け方

床などが濡れていて水漏れが起きているかどうか不明な際の手順は、まず家の中にある水栓を一度全て閉めます。その後水道メーターを確認してどのような反応を示しているか確認します。基本元栓と同じ場所にありますが、お家によって違うところもあるため、調べておきましょう。水道メーターの小さいコマが回っているとき、問題が起こっている可能性があるので、元凶になっている箇所を水道 修理する必要が出てきます。
発生している理由が、パイプを繋いでいる箇所が少しずれていたり、パイプ自体が壊れているという場合もあります。水道 修理は、部品を取り替えたり、締め直すだけで完了することもありますが、大きな工事が必要なケースも考えられます。いずれにしても、早く水漏れした場所を確認することが大事です。

■まとめ
パイプを使い続けている年数や対処の仕方などを知っていることで、被害拡大の防止に繋がります。また、水漏れの状態を見分けることができれば、水道 修理を依頼するときなど説明がしやすくスムーズに話が進みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ