コンテンツ

蛇口から水漏れが起きたとき

蛇口は、水を使う際になくてはならないものです。キッチンや洗濯などお家のさまざまな場所で使われています。水漏れなどが発生してしまった場合に備えて、使用状況などを知っておくことで的確に対応することができるので、対処の仕方についていくつか紹介します。

■蛇口を取り替える判断

水漏れがあったときに何が原因で、起きたものか確認することが大切です。蛇口を閉めている部分が緩んでいた場合は、しっかり締めることで直ります。また、長年使っていて、劣化してしまっているときには、蛇口 交換をする必要も出てきます。およそ15年以上使用していると故障しやすくなるため、故障した部品の修理など自分でできない場合は、水道修理業者に依頼して対応してもらいましょう。

■蛇口の種類

蛇口 交換をするとき、どの種類の蛇口を使用しているのか確認することが必要です。種類によって取り外し方や設置の仕方が変わっていて、天板に1つ穴を開けて設置しているものや2つ穴を開けているタイプもあります。他にも、小学校などで見られる壁に取り付けるタイプもあります。使っている種類を知っていると、蛇口 交換を頼むとき、部品などを用意しやすくなるでしょう。
また、ネットやお店で購入することができるため、自分で対応することも可能ですが、設置ができる種類のものを選ぶ必要があります。現在使っているタイプが分からない場合、自宅の蛇口を撮影してお店の方に聞くことで、設置できないものを購入する不安が減りますが、水道修理業者に頼んだ方が確実です。

■まとめ
さまざまな種類があるため、使っている種類が何かを認識しておきましょう。蛇口 交換をするときに備えて準備をしておくと、焦らずに対応することができるので、何か起きる前に調べておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ